2020.05.27
地域のこと
日常
子育て

エリーヌホームがある 【魚津市片貝地区】はどんなところ?

スタッフ

 先日、地方移住を支援するNPO法人「ふるさと回帰支援センター」がまとめた、2019年の都道府県別の移住希望地ランキングが発表されました。富山県は過去5年で2018年が最上位の8位、そして2019年が最も低い18位でした。

 今新型コロナウイルスの影響で、都市部でのテレワークが広がるなど生活意識が変化しており、『アフターコロナ』の生活に移住を考える人も増えていくと言われているので、今こそ他県との差別化を図って、富山県の魅力を県外の方々にアピールしていく絶好のチャンスです!

 そこで今回は、エリーヌホームがある富山県東部の魚津市片貝地区を紹介したいと思います。

 魚津市・片貝地区は、魚津市内から車で約15分の中山間地にあります。
 片貝・魚津への移住を考えている方が移住体験ができる『片貝来られハウス』や、今人気のキャンプが楽しめる『片貝山の守キャンプ場』、「富山の滝」37選の1つに選定されている『鈍滝』など名所がたくさんあります。

 また、夏は花火大会、秋には岩魚の放流ができる片貝山の守紅葉祭り、冬も雪まつりなどお子様と一緒に楽しめるイベントを地域の方々が企画してくださっています。(今年はコロナウイルス感染予防のため、中止または未定)

 先日、運動不足の子供たちと一緒に「鈍滝」に行ってきました。

 エリーヌホームから車で約5分で鈍滝の入口に到着。
 私自身子供の頃の記憶しかなかったので、鈍滝までの道もハイキングコースとして簡単に行けるだろうと高を括っていました。



 

 

 意外に勾配のある山道で、約15分~20分、こんな感じの山道を歩きます。
 途中で川の中を、石を飛び越えながら渡るので、小さなお子さんにはちょっと危険な箇所もありました。
(我が家の子供は、見事に川の中に入り、靴がびしょぬれになりました…。)

 下る頃には少し汗ばむくらいの心地よい運動になり、何より新緑のみずみずしい空気が本当に気持ち良かったです!
 身近な所にこんな癒やしの場所があったのか!と魚津市片貝地区の魅力を再発見できました。

 5/31には「オンライン全国移住フェア」が開催され、富山県も参加することが決まりました。
 
 このサイトには移住を考えている方だけでなく、県内のおすすめスポットや、子育て情報が載っているので、ご興味のある方は参考にしてみてください。

参考サイト 【くらしたい国、富山】