2020.06.08
社内の様子
日常
住まいのこと

コロナ対策にも、カビ予防にも・・・

スタッフ

  富山県では、先週は最高気温が30度を超える暑さとなり、エアコンを使用する季節となってきました!

 新型コロナウイルスは「3密」を避ける事が重要だと言われていますが、これからの季節、エアコンの使用には注意が必要です。なぜなら、エアコンは部屋の空気を吸い込んで、温かくしたり冷たくしたりして部屋の空気を循環させる仕組みで、一部の換気機能付きエアコンを除いては「空気の入れ替え=換気」ができないからです。

 アメリカCDC=疾病対策予防センターの報告では、海外の窓のない飲食店で、エアコンの風にのって飛沫が飛び、新型コロナウイルスの感染が広がったとみられる事例が報告されています。

 コロナが感染拡大し始めた3月は、エアコンを使用する機会が徐々に少なくなり、社内でも窓やドアを開けっ放しにして十分な換気を行っていました。

 しかし、これからの季節はエアコンをつけながら、定期的に窓を開けたり、換気扇を使用するなど、「換気」
に気を付けなければいけないですね。

 またこれから迎える梅雨の時期は、家の中でもカビが発生しやすくなりますが、24Hシステムの換気扇、台所の換気扇の使用、窓を開けて空気の通り道を作って「換気」することが、カビ予防として一番手軽できますね。

 

 新型コロナ感染予防に関してはいろいろな情報が蔓延し、「学校での次亜塩素酸水の噴霧注意」、「界面活性剤を含む家庭用洗剤の使用を推奨」、WHOが5日に公表したマスクの使用について、これまでは症状のない人がマスクを着用することを推奨していませんでしたが、感染が広がっている地域で人との距離をとることが難しい場合はマスクを着けるよう新たな方針を示しました。

 日々変わっていく新型コロナ感染予防の様々な情報に惑わされてしまいますが、その時の状況や場所に応じて、社内や見学会会場でも適切な対応していきたいと思います。

参考サイト ダイキン工業 上手な換気方法