2020.06.18
地域のこと
住まいのこと

【魚津市】が住みよさランキング11位!

スタッフ

 東洋経済新報社が全国812の自治体対象の「住みよさランキング」を発表しました。
【住みよさ】を「安心度」、「利便度」、「快適度」、「富裕度」の4つの視点から各指標の偏差値を算出し、その平均値を総合評価として順位付けをしています。

 富山県はトップ50のうち、魚津市【11位】、滑川市【15位】、富山市【40位】と3市もランクインしました!

 今年は【住みよさ】の指標から「持家世帯比率」が除外、「最深積雪」と「人口当たり法人市民税」が追加された結果、昨年よりは県内の順位は落ちました。
 しかし、富山県の「持ち家率」は平成27年の国勢調査では1位、平成30年の住宅・土地統計調査では2位なので、「持家世帯比率」が除外、さらに「最深積雪」が指標に加わったことにより不利な状況の中、全国各都市の中から県内3市もランキングされたのはすごいですね!

 魚津市は、飲食店数や商業店舗面積が評価される「利便度」の面で高い評価を受けましたが、飲食店に限らず、生活するのに必要な店舗が充実しています。

 エリーヌホームでは現在、魚津市本江地内で宅地造成中ですが、6月末完成予定です!
 8号線バイパスもすぐなので交通アクセスが良く、小学校まで徒歩約15分、コンビニやアップルヒルなども近く、子育て世代の方々にお勧めの立地です!
 
 魚津市には市外から転入される方への「住宅取得支援制度」もありますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。


魚津市転入者住宅取得支援制度